本文へスキップ

ウォーターサーバーはより健康的に生活するための手段として賢く使うこともできます。

住宅・マンション・土地のご相談はビルダー不動産へ

毎日使う水の代金をウォーターサーバーで節約

最近、家庭での普及も広がっているウォーターサーバーは、手軽にこだわりの水を取ることができると人気が高まっています。さらに昨今の健康志向により、その注目度はより高まっています。ウォーターサーバー導入の際に悩むポイントとして多く声があがるのが、電気代などのコストの面についてです。ウォーターサーバーは手軽に使用できますが、冷蔵庫などのようにその機械自体には常に電気を入れておくものです。そのため、電気代が今よりかかってしまうのではないかと、導入を決心できないという人も大勢います。

ウォーターサーバーを使用していない家庭では、主に水は水道水やペットボトルの物を使用しています。その場合、水を飲むために使うお金は、水道代やペットボトルの購入代金にかかります。また、それを冷やしたり沸かしたりする場合、冷蔵庫やケトル、ポットなどの使用で光熱費がかかります。

一方で、ウォーターサーバーを使用する家庭では大きく分けて三つの部分に経費がかかります。一つは、機械自体のレンタル料、購入料です。ウォーターサーバーの機械は、多くの場合、企業からのレンタルや購入になります。最近ではレンタル料を抑えて借りられる企業もあるため、考える予算の範囲内で契約ができるか調べておくと良いでしょう。

二つ目は水の購入料金です。これは、ウォーターサーバーのない家庭での水道代やペットボトル購入代金にあたります。ウォーターサーバーを使用する場合、それに合うボトルにて水を購入する流れになります。スーパーやコンビニでペットボトルで購入するのに比べ、自宅までの配送サービスを行っている企業も多いため、手間がかからず力の弱い女性や年配の人でも問題なく扱うことができます。また、このボトルに入っている水は、企業によって数種類用意されている水の中から自分で選ぶこともでき、こだわりの水を毎日の生活に取り入れることができます。

三つ目はメンテナンスにかかる料金です。継続して安全に使用するためにはウォーターサーバーの機械自体のメンテナンスを怠らず、定期的に実施することがおすすめです。それにより、機械の故障を防ぐことができ、また安心して使用することが可能です。また、必要があれば部品の交換などを行うことにより、より効率よく電気を使用し、結果として節電につながるケースもあります。

ウォーターサーバーは他の手段に比べて初期費用こそはかかりますが、長期的に考えると他の手段より大きく変わることはありません。より健康的に生活するための手段として自分のライフスタイルに合わせ賢く使うこともできます。

information新着情報

2017年02月01日
ホームページを更新しました。