ウォーターサーバーはより健康的に生活するための手段として賢く使うこともできます。

ウォーターサーバーでの節電、毎日できる技、避けた方が良い節電法

電気をより効率的に使用しながら、こだわりの水を手軽に摂ることのできるウォーターサーバーですが、より節電に繋げられる運用のコツがあります。ウォーターサーバーは電気の力で温度を調整しています。ボトルの水が温かければ冷やすのにはより多くの電力が必要で、冷えすぎていれば温めるときに多くの電力を要します。そのため、ウォーターサーバーを設置する際は、直射日光が当たらない、できるだけ寒暖の差が少ないところに設置することがおすすめです。

また、壁や棚などにぴったりとくっつけて設置をしてしまうと、ウォーターサーバーの機械内に溜まった熱を排出する妨げになってしまい、冷却しにくい環境になってしまいます。より節電につなげるためには、周りに少し間隔をあけて、スムーズに放熱できるようにするのがおすすめです。

最近のウォーターサーバーには省エネを意識したエコモードが搭載されているものもあります。センサーやボタンなどでセットできるこのモードは、外出や就寝時など、しばらくの間ウォーターサーバーを使用しない場合にその待機電力を抑えることができます。そのため、夜などは特にウォーターサーバーの水の温度が低くなっていることがあるので、朝起きてすぐにお湯を使う習慣がある人は設定を変更して、自分にあったウォーターサーバーのスタイルを見つけるのが良いでしょう。